アニメモブログ。 大黒市黒客クラブ

-- / -- / --  --
スポンサー広告   
Edit
2007 / 08 / 02  Thu
マッドハウス   
Comment 0 / TB 0 / Edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第4話「大黒市黒客クラブ」


脚本:磯光雄  絵コンテ:笹木信作  演出:安川勝  作画監督:板津匡覧

原画
井上俊之 本田雄 本間喜一 井上鋭 尾崎和孝 押山清高 立石聖 吉川真一
川口隆 下村一 坂元恵美 三浦弘二 柴田則子 加藤寛宗 板津匡覧




人のうわさによると、数年前にある暗号屋が空間を破壊しようとしたそうです
でも、その暗号屋がどうなったのか、誰も知りません





■作監は板津さん。この方は2000年代に入ってから原画に昇格した人ということで、若手です。名前も特徴あるねw
5話で作監を務める押山氏に井上鋭氏が初参加。
立石聖 下村一等参加。
作画チーフの井上俊之&本田雄両氏が引き続き参加(チーフですから、実質毎回参加するようなもんですかね
■毎回キャラが崩れない(個性を抑えてる)。
そのお陰で担当箇所が判別しにくいってのは一理ありますが…w
グレンラガン(4話)でも話題になりましたが、アニメーションは1人で創るものではないので、作中で自分の個性を出すアニメーターもいるわけです(キャラの動きで色を出すアニメタもいますが)
むしろそうしてくれた方が、担当箇所の判別はしやすいわけですな。
好き嫌いは個人の意思によるものでしょうが…。
やはり監督とか、その他主要スタッフの考えが作品にそのまま影響するんでしょうね。磯光雄氏が物凄く緻密な設定をするのは有名(エヴァで実証済み)ですし、作画チーフの井上氏なんかは、テレビシリーズでの作監を手掛けるのが「GU-GUガンモ」以来22年ぶりらしいのです。
あまりおふざけはできなさそうな感じがします(汗
内容的には、それほど硬派ではないような気がしますが(NHKですし)家族で安心して見られる感じの(?)数少ないアニメ作品ですねw


担当パート
■呼び出されたイサコが直進君をよけてる所 → 井上俊之
■追跡君だけのカット&キャラだけのカット → 板津匡覧
■ミサイルをかわしたり、ミサイルとキャラが絡むカット → 押山清高
■理科室に乗り込むあたり → 本田雄
(暫定ですが、この一連がうまいことに変わりはないので、軽く聞き流してください)


4話は中々勢いのある回。
■黒客クラブVSイサコ イサコVSフミエ。
■授業中の電脳戦争w(作画あんまし関係ないけど面白かった
■またしても当番欄に安川&本田の名がw
■黒客 ヘイクーと読む 中国語でハッカーという意味
■追跡君 壁の合間を縫う弾道、中々の迫力
■部屋から飛び出すダイチ達の走り良
■1話通してイサコは楽しそうに戦争してますな
■なぜに額に手を当てる?w(ドラゴry
■…お年玉、4年分w


(画像はあるブログから頂きました)

追跡君はCGかな?
私はあまりCGが好きではないのですが、これはいい(作品によって好き嫌いもあるんでしょう
サッチーや球ちゃん、電脳ツール(壁とか)にミサイル追跡君…
比較的CGを多用している電脳コイルですが、別段違和感なし。
特に、追跡君視点でイサコを追うシーンがサーカスっぽくて好き(サーカスの多用も怒られそうw

それにしても、デジタルエフェクトって何だろう
スポンサーサイト

Comment



TrackBack http://sakuga.blog115.fc2.com/tb.php/7-d1b44c70

.
優子と勇子 ≪ ≫ 夏の風物詩
.  ▲ .
Designed by Daniel Corporation. allrights renounced
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。