アニメモブログ。 激突!護る者VS被る者②

-- / -- / --  --
スポンサー広告   
Edit
2007 / 08 / 31  Fri
ぴえろ   
Comment 0 / TB 0 / Edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
BLEACH → #121


絵コンテ:水野和則  演出 :一口久美  作画監督:小木曽伸吾




エヴァンゲリオンで音楽を担当する鷺巣詩郎が、BLEACの音楽も担当していると知ったのはつい最近・・・。
エヴァは未見(劇場版は見に行くつもりですので、その前に6話まででも見たい)なので分からないのですが、ブリーチを見る限りではいい感じ。
ただ、ブリーチは「~編」(たとえば今はアランカル出現編)の間、ずっと同じサウンドを使い回すんですね。
グレンラガンでも何でもこれはあるんでしょうけど、ブリーチは曲のストックがそれほどある訳でもなのに、一つの「編」が異常に長いので、何度も何度も同じ音楽が流れます。。
音楽的なセンスは悪くないし、作画回のアクションとマッチしたりして大変盛り上がるのですが、作画もボロボロ、アクションもダメダメ、こんな時にそれが流れると冷めるばかり・・・。




原画
金田栄二 飯村真一 折井一雅 山内明  井上敦子
中西理絵 桑原美佐 山根宰 工藤昌史 鈴木陽子
さのえり 山本祐子 島沢ノリコ 津曲大介 児玉健二
新里栄樹 松村和子 柳隆太 小木曽伸吾


第二原画
下島誠



■上の動画がまず一つ、この前触れずにおいたシーンです。
「絵柄がいつもと違う・・・」
こんな風に感じられれば上出来。
誰の担当かなど知らずとも・・・と言いたいところですが一応書いておきますw


今のところこの一連は、山根宰さん担当ということになってます。
山根さんといえば、斑目卍解を担当したと思しき方ですね。
何より線が濃い。赤黒いエフェクトは西田達三さんを思い出したりw
一護はまるで別人だし、グリムジョーに限っては、哄笑するとこなんか特にスゴイです。
20070411_287755.jpg

顔がグワングワン動いてますw
顎を動かしたりと中々凝ってたり。
初めてこの回を見たとき、戦闘全般に「いつもと違うオーラ」を感じていたんですが、その中でも特に、この一連にビビッと来たんです。


■この動画を丁度よく編集してくださった方にも感謝ですがその前に、


山根さん(もしくは違う誰か)・・・、ありがとうw


■陶仙(だっけw)が登場してから担当が変わったのか、グリムジョーは大分大人しく(もちろん作画的に)なってますが、それでもいつもとは違う。いつもより格段にクオリティが高い。
一護なんかはちょい寄り目がちなのが特徴かな?
そういえば、最初の方でもかなり寄り目なカットがあったような。




俺の名を忘れんじゃねぇぞ
そして、二度と聞かねぇことを祈る…
「グリムジョー・ジャガー・ジャック!」
この名を次に聞くときは、てめぇの最期だ死神―





このあたりがこの前触れずにおいた2つ目の着眼点。
■ラスト5分~
ウェコムンドに向かうグリムジョーと陶仙、ここでも少し背動が入ってます。
「グリムジョー」→ビミョーに口動いてる?
■浦原商店での一連&屋上での治療の一連
やけに艶っぽい作画だと思う。
これは原画マンの功なのか、それとも色彩の功なのか・・・?
http://jp.youtube.com/watch?v=mND0dtFRqC4&mode=related&search=



■EDの日本語訳・・。これはご愛嬌w


では②、この辺で。
スポンサーサイト

Comment



TrackBack http://sakuga.blog115.fc2.com/tb.php/39-90357307

.
激突!護る者VS被る者① ≪ ≫ ~リライト幻視する神~
.  ▲ .
Designed by Daniel Corporation. allrights renounced
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。