アニメモブログ。 全1682cut.エヴァの話。

-- / -- / --  --
スポンサー広告   
Edit
2009 / 02 / 16  Mon
GAINAX   
Comment 0 / TB 0 / Edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エヴァがすっげぇ面白い。映画(序)も見たんで感想をば。
まあ感想というか、自己満足的な…。


◆作画に関しては文句ないやね。これでも文句ある人はもうアニメ観るな、と。
ただ、物語として若干急いでる感じがしたかなーと。
私はちょうどTVシリーズも終盤(現在20話)まで見ているので大体は分かるんですが、
今回の映画で初めて見たという人は、何度も見ないと分からないかも知れない。
てかまあ、そんな根気のある人いるか分からんけど。
私も何度も繰り返して見てないし、知らないことばかりなんでマダマダですが;

んーと、まずは・・・、映画だね、映画の感想。
ほとんど上で言っちゃったケド、まあ普通に面白かった。(メニュー画面の電柱がすごく綺麗だった。)
くくりでは、「再編集映画」ということになってしまうのかな。もちろん作画とかCGとか、技術の進歩は明確に感じるし、特に新東京市のビル群とかは圧倒的だった。
でもやはりこれは再編集映画でしょう。別に再編集がダメだとか、そういうことではなく。これもひとつのジャンルだし、多分。
往年の名作を「今」に受ける形に構築し直すってのはやはり難しいんだよ、きっと。
オペレイターの「ダメです!」が多過ぎて少しウンザリしっちゃったのかなぁ。
私はTVシリーズの方が好きです。
映画とTVを一緒くたにしていいものか疑問だけど。

ひとつだけ、
ヤシマ作戦時にシンジ君がいろんな人に応援されて戦う様は少し感動させられちゃいました。
終わりよければすべて良し?
(序盤に感じていた「面白くないなあ」というのは、もしかしたらTVシリーズで感じていたものと同じなのカモ。)



◆特典のつもりなのか、スクリプト(台本?)がついていました。
今回は原作があるとして、オリジナルの場合は動く絵も何もない状態からスタートするんだよね。(TVシリーズならまっさらな状態。)
そういうことを考えると、脚本にキャラに作画に、創作というのは考えられないほど大変なことだよね。
でも、というかだからこそ、その作り手の特徴というものが出やすいんじゃないかと思うんだよね。
一度はまってしまうと、その手法を変えることはとても難しいことだと思うんだ。

私の煩雑な文体もまたしかり。もう変わりようがない…。
それにしては、映画はサッパリしてたよなー。時間が限られているし、仕方ないか。



◆声優は特に変わりなく。最後の石田さんに全部持っていかれた気もしますがw
◆宣伝協力に氷川竜介さんがいたり。

◆で、今度は作画の話。
アニメーターの特徴がすごく現れてるっていうシーンはあまりなかったような気がしました。
ヤシマ作戦時に、重機が打ったミサイルをカメラが追っていくシーンは村木靖さんかな?なんて。安直ですね。
他は全く分からないし、知りません。。
同じく作戦時に、ミサトとリツコが歩きながら話しているシーンとか、
ラミエルの攻撃とか、強制回収の時の爆発とか…。エフェクトは特によく分からんのですけども。
あとは、二原に浅野直之さんがいたり。
サキエルと初号機が戦うシーンは、暗くてあまり見えないのが残念。ただ、初号機の各所にある緑が、蛍光色みたくなっててとても綺麗でした。(作画じゃないね。)
ラミエルの変態のバリエーションもすごかったです。(これも作画ぢゃない。)
やっぱCGが光ってたかなー(ry)

次回、エヴァ劇場版[破]。あの4号機が消滅。碇シンジの物語は次第に壊れていくそう…。


比較してTVシリーズのことも描きたかったのだけど、量的に、また今度。(いつになるやら。)
スポンサーサイト

Comment



TrackBack http://sakuga.blog115.fc2.com/tb.php/158-42972505

.
エウレカの波、ふたたび。 ≪ ≫ アビス#16
.  ▲ .
Designed by Daniel Corporation. allrights renounced
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。